teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


素敵な本でした

 投稿者:izu80メール  投稿日:2010年 7月27日(火)11時12分19秒
返信・引用
  「与太郎日記」一気に読みました。人をひきつけるまことに優れた戯文?にひたすら感服。私との共通するところは、東京から伊豆高原へ移住(1990)、似たような世代、初体験の農作業、別府・大分での生活(大分中学卒)、少しばかりの文筆活動、そして決定的に違うところは音楽・絵画をはじめ多方面の才能・才腕に対して、私としては芸術・芸能的才能が全く欠けていること、そして現役時代の波乱万丈「ハチャメチャ」?な人生・越し方に比して私はといえば卒業以来糞真面目に75歳まで一途に同じ仕事を勤め上げたこと。
これほど違った過去なのに、今は同じように伊豆高原で同じような生活を楽しんでる!
これからのご健康と「掘工房」のご発展を祈ります。

http://blog.goo.ne.jp/tengoro7406

 
 

伊豆高原の与太郎様へ

 投稿者:中伊豆の住人  投稿日:2010年 1月 3日(日)23時08分29秒
返信・引用
  パソコンで伊豆高原を検索していましたら、
涙が出るほど楽しい与太郎日記を拝見しました。
小生も最近・・尿の切れが、よくありません。
身につまされる思いがしました。
素晴らしい日記と、
素晴らしい絵画の世界を堪能させてもらいました。

いつまでも健康で楽しい人生をと祈っています。。。。。

与太郎さんのファンより
 

Re:メールありがとうございました

 投稿者:伊豆高原与太郎日記  投稿日:2009年 7月24日(金)14時42分52秒
返信・引用
  横浜の余生様

小生まもなく73歳になります。
54歳のときに世を捨て、山中に暮らし始めました。
あのまま環八沿いのマンションにいたら排気ガスにやられ、とっくの昔に
あの世に行っていたかもしれません。

しかし、老後の田舎暮らしも過酷なものがあります。
病院の問題、クルマの運転ができなくなった時・・・・。
与太郎日記を座右の銘に・・・とありましたが、責任を
痛感しています。     恐々謹言

伊豆の与太郎
 

メールをありがとうございました

 投稿者:横浜の余生メール  投稿日:2009年 7月21日(火)18時50分11秒
返信・引用
  伊豆高原から素敵なメールをありがとうございました。
私も伊豆高原に居を構えたいと強い願望が芽生えてきました。
伊豆高原与太郎日記の人生の・い・は・に・ほ・の蘊蓄を経験体験された。数多くの人々に囲まれて余生を送る与太郎さんに憧れて・・9月から伊豆高原の空き家捜しを不動産屋の知人にお願いしました。与太郎日記を座右の銘にして楽しく生きていけたらと願うばかりです・・

恐々謹言

与太郎様
 

参考になりました・・

 投稿者:横浜の余生メール  投稿日:2009年 7月 1日(水)13時59分52秒
返信・引用
  伊東の友人を訪ねて伊東を散策、将来伊豆に居を構えたいと切望するも・・いかようにして第二の人生をと思いユニーの書店を訪ねたときに伊豆高原与太郎日記に出会い・・本を購入しました。。。堀直昭と検索しましたら、ホームページが出ましたので・・拝見しました。伊豆高原の素敵なお友達との交流、老後に人との触れ合いは堀さんの人柄そのものですね・・いつまでも健やかにご活躍下さい。。

与太郎日記ファンより
 

ちんちん爆発の記

 投稿者:伊豆高原与太郎日記  投稿日:2009年 7月 1日(水)09時23分28秒
返信・引用
               堀 直昭
四月二十一日・金

頻繁なトイレとの
往復で一日が終わる
膀胱は満タンなのに
小便が出ない、
末期的な症状である。
思えば一年前、
尿道の激痛と出血があり、
小便の出が急に悪くなった。
驚いた俺は大嫌いな病院に駆け込み
救いを求めたが、
突然おかまを掘られ、処女を失った
乙女のように嘆き悲しんだのである。
医者は
「前立腺肥大ではないかなぁ」
などといかにも曖昧な診断である。
尿路結石で悩んでいた俺は
「石が下りてきて、尿道に詰まってるるんじゃないでしょうか」
と訴えたが、
医者は相手にしてくれない、
出血と痛みは
抗生物質で収まったが、
以後も小便が少量ずつしか
出ない日々が一年も続く、
病院を転々とした。
三軒目の医者は泌尿器科の
権威と言うことだったが、
初診の時は顔も見ないし、
話も聞いてくれない、
レントゲンや超音波、様々な検査を
受けたが
「小便が出なくなる病気は四十種類も
 あるからねぇ、いちいち調べるのは
 大変だ」と言い、
「前立腺も腎臓も、膀胱も異常なし
 尿路結石も見あたらない、石はたぶ
 ん、排出されたのでしょう」
と言うことで解放されたが、
症状は改善されぬままだから
釈然としない。
病院の薬の他に
大枚をはたいて
買ったハルンケァや
八味地黄丸なども服用するが
改善の兆しはない。
最近は特に変だ。
十日程前から
ペニスは半ひねり右横向きに
変形し、悪相を呈している
膀胱が破裂しそうな激しい尿意だが、
シビンで計算すると十五分も唸って
四〇ccしか出ない、
おまけに水滴はいつまでも
漏れ続けている。
仕方ないかライフラリーの
薄型軽量パンツを買ってきて着用するこれはあくまでも
パンツであって
オムツではない
馬鹿にするな!

四月二十二日・土・晴
うんうんと唸りながら
僅かばかりの水滴を絞り出し
残尿感はしっかり残るが
諦めてベットに戻ってくる。
しかしたちまち
激しい尿意を催し
トイレに駆け戻る。

すると出たのです。
ベッシャーという
もの凄い音がしてバケツの
底が突然抜けたような
小便が・・・・
その時
「カッチン」という音がして
トイレの底に
黒い物体が転がったのです。
一瞬何事が起こったのか
判らず、チンチンが爆発した
のかと思った。
状況が飲み込めて、
いやぁ、嬉しかったねぇ、
真っ黒い石を拾い上げ、
水洗いして
メジャーで測ったら
直径が一センチあった。
全体の形は三角形で
ギザギザだらけの不気味な物体、
いかにもグロテスクな石である。
こいつが一年間ものあいだ
俺を苦しめて来た元凶だったのか、
だが、よくぞ飛び出して来てくれた。
ありがとうと感謝したい・・
気持ちにもなる。
俺には
ダイヤモンドのように
輝いて見えましたねぇ、
長い間俺を苦しめ、
金を搾り摂ってきた
やぶ医者どもには腹が立つ、
金返せ竹島返せ、
尖閣諸島を返せッ!

長い道のりだったが、
とにかく俺は生き地獄から
生還することが出来て、
心底ホッとしたのである。

嬉しさのあまりカミさんの宝石箱を
召し上げて石を大切に収納した。

佳子さんや、和貴子さんに
事の次第を報告、
「どうぞ手にとってじっくり
 とご覧ください」
と言うのだが、
皆が後ずさりするのが、
なぜだか分からない。
それにしても普通に出る
小便がこんなに有り難く
嬉しいなんて・・
しみじみと生きている
幸せを味わう瞬間です。

http://www.izu-nanami.com/hori%20no1p.htm

 

レンタル掲示板
/1