teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


7月14日の花火

 投稿者:長谷川富子  投稿日:2015年 7月20日(月)09時37分36秒
返信・引用
  7月14日のフランス革命記念日の様子は、今年もF2のテレビで実況され、ネットの動画で楽しむことができました。朝は例年と同じ陸、海、空軍の軍事パレードがシャンゼリゼ通りを行進しましたが、夜のパリの空を彩ったのは例年より華やかだった多彩な花火でした。今年のテーマは<パリは世界を迎える>、2024オリンピック開催地の立候補を意識したのか、より華やか、より大胆、より多様な花火で、その美しさを満喫しました!  
 

『失われた時を求めて』読書会

 投稿者:長谷川富子  投稿日:2015年 6月11日(木)08時49分21秒
返信・引用
  日仏文化講座終了後、希望者たちと『失われた時を求めて』読書会をしています。先回は、小説の重要場面の一つである「紅茶に浸したマドレーヌ」の挿話を読み、フランスではなく神戸アンリシャルパンチエの<マドレーヌ>と<午後の紅茶>を味わいました。長文で難しいですが、楽しみながら最後まで読み続けたいと思っています。  

フランス音楽の午後

 投稿者:事務局メール  投稿日:2015年 5月18日(月)13時13分18秒
返信・引用
  2015年8月1日(土)14h00(開演)から阪急電車「御影」駅下車、南側直ぐの世良美術館(tel:078-822-6456)にて『フランス音楽の午後-ブーランシェからたどる近代フランス音楽の軌跡』(入場料:一般2,000円、学生:1,500円)と題するコンサートがございます。ドビュッシー・ショーソン・フランクなどを角せふり(Pf)さんと森 由紀子(Vn)さんが演奏されます。  

Q&Rにご利用ください。

 投稿者:CAF事務局メール  投稿日:2015年 5月 8日(金)11時05分33秒
返信・引用
  長らくご支持ご支援賜り、大変有難うございました。CAFの講座を終了致しましたが、この投稿欄を講座関連のQ&Rの場としてご利用ください。また、フランス語圏へのご旅行談やご見聞録をお聞かせください。ご投稿をお待ち申し上げております。  

10周年記念パーテイー

 投稿者:CAF事務局  投稿日:2015年 5月 5日(火)09時02分41秒
返信・引用 編集済
  4月28日午後、神戸BB PLAZA シマブン・ビル4階ホールでCAF10周年記念パーテイーが行われました。
これまで出講してくださった先生、受講してくださった会員90余名が出席し、共に祝ってくださいました。
去る3月に出版した10周年記念論集『フランスと日本ー遠くて近い2つの国』(早美出版社)も好評で、編集を担当した私たちにとって嬉しい記念行事の一つとなりました。
 

日仏文化講座最終日3月24日

 投稿者:CAF事務局  投稿日:2015年 3月28日(土)10時56分23秒
返信・引用
  2005年から始まった日仏文化講座は今年で10年!名残惜しいですが10年を一つの区切りとしてこの講座を閉じることにいたしました。3月24日は最終講座日、講座テーマは「ユーローの盛衰とグローバル経済」、講師の釣先生はフランスのグローバル化と格差社会、そしてこれからのフランスについて熱く語って下さいました。恒例になりました皆勤賞も今年度は最高の20人!講座が10年も続いたのも講座を快く支援してくださった延べ180人もの講師の先生方、熱心に聞いてくださった延べ9000人もの受講生のおかげと心から感謝しています。私たちにとっても嬉しい記念すべき<卒業式>となりました。  

3学期が始まりました

 投稿者:CAF事務局  投稿日:2015年 1月20日(火)18時59分28秒
返信・引用
  年が明け、日仏文化講座では、平和の中で3学期が始まりました。しかしパリでは1月7日、衝撃的なテロ事件が起こり、週末にはオランド大統領、ドイツのメルケル首相、イギリスのキャメロン首相など各国首脳が集まり、市民と共にしっかりと手を組んでパリ市内を歩き、無法な暴力に対する言論の自由を訴えました。その素早い行動!すばらしいと思いました。でも武装した警官たちが鋭い目で市内を警戒していたり、移民排斥やイスラム教を誹謗するその後の動きを見ると、多民族国家フランスの苦悩を感じます。タイミングよく、2月には「フランス移民社会」についての講座があります。私たちにとっても学ぶことが多いと思います。是非ご参加下さい。
 

Joyeux Noel et Bonne Annee!

 投稿者:CAF事務局メール  投稿日:2014年12月22日(月)17時16分1秒
返信・引用
  12月9日の特別講座レクチャーコンサートも無事終わり、2学期のプログラムはすべて終了しました。今年もあと1週間となり、会員の皆さまはクリスマスを楽しみつつ、お正月の準備にお忙しくしておられるでしょうか。冷たい日々が続きます。くれぐれもお体を大切にどうぞよいお年をお迎えください。
3学期はCAFのまさにラストステージになります。皆さまと共によい時間が過ごせますように!
 

もうすぐ2学期

 投稿者:CAF事務局  投稿日:2014年 8月17日(日)21時38分20秒
返信・引用
  猛暑に台風、大雨と不順な気候の今年の夏、いかがお過ごしでしょうか?2学期の講座テーマは「『生きる』フランス流」。CAF10周年記念のプログラムにはぜひこのテーマをと、スタッフ全員の意見が一致しました。9月30日と11月25日には受講生の皆様にも参加していただく企画を入れています。映画を観たり、箴言を読み解いたりしながらワイワイ、がやがや、いっしょに「生きる」を語り合うのを楽しみにしています。暑くて寝苦しい夜には、「さあ何をしゃべろうか」などとこの企画に思いを馳せてくださいませ。  

新学期が始まりました!

 投稿者:CAF事務局  投稿日:2014年 5月28日(水)13時25分50秒
返信・引用
  2014年度日仏文化講座が始まりました!新学期の講座テーマは「フランス・あらかると②」、これはこの講座を始めた2005年の新学期と同じテーマです。一つ一つ講座内容を慎重に選びながら、手探りで始めた当時を思い出します。あれから10年近くたちました。今年のあらかると②は、これまでにできなかった「美味なひと皿」を集めました。どうか楽しんで味わってくださいますように!  

はや4月!

 投稿者:CAF事務局  投稿日:2014年 4月 2日(水)18時18分35秒
返信・引用
  皆さまに「お知らせ」をと思っております間にはや4月になってしまいました。日仏文化講座CAFは去る3月25日、2013年度全講座を無事に終了いたしました。全学期併せて18回の講座に皆勤者はなんと17名!受講生の方々の熱心さに頭が下がる思いです。スタッフ一同本当に感謝しています。2005年に始めたこの講座も来年度で10周年を迎えようとしています。感謝の気持ちを込めまして、20014年度はさらに充実した<10周年記念>プログラムを組んでいます。皆さまのご参加をお待ちしています。  

Joyeux Noel et bonne annee!

 投稿者:CAF事務局  投稿日:2013年12月23日(月)10時06分17秒
返信・引用
  皆さま
冬休みをどのようにお過ごしでしょうか?シャンゼリゼ通りの華やかなイルミネーションを見てこられた方もいらっしゃるのでは? 今年はクリスマス前に三連休となり、景気の回復を予想してか、三宮商店街のクリスマスの飾り付けは例年より華やかで買い物客でにぎわっています。その一方、福島第1原発の汚染水漏れの発覚や特別保護法案の強行成立など暗いニュースもあり、私たちの気分を重苦しくさせています...
皆さまにとって希望に満ちた平和な年となりますように!
 

チーズ特別講座

 投稿者:チーズフアン  投稿日:2013年12月 8日(日)21時49分38秒
返信・引用 編集済
  チーズは大好きです。チーズ特別講座で試食もあると聞いて参加しました。フランスにこんなにたくさんのチーズの種類があると知って驚きました。カマンベールやロックフォールはよく食べますが、とろっとしたモンドール、羊乳特有の甘さのあるオッソイラテを食べたのは初めてで、とてもおいしいでした。これにワインがあれば最高!でも教室ではワインは禁止とか・・・残念でした。
 

歳をとるのも悪くない

 投稿者:Madame Cheminメール  投稿日:2013年11月22日(金)21時09分35秒
返信・引用
  二学期のテーマは「ピカレスクなヒーローたち」、確か大昔、高校時代に読んだことがあるけれど、ちっとも面白くなかった・・むしろ、世界史の授業で、丸暗記したことしか覚えていない。
しかし、回を重ねるに連れ、これはもう一度読んでみなくては・という気持になってきた。
丁度、講師の先生が、三宮の古書店に、絶版になった文庫本があるかも知れないと言われたので、早速センター街へ・・誰もいない二階の本棚にありました、ありました、懐かしいピンク帯の岩波文庫、読み始めてみると、これが面白い、思わずくすりと笑ってしまう可笑しさである。
これは高校生には無理だったな・・と思いながら、毎日セピア色のページをめくっている。
 

歳をとるのもいいものだ

 投稿者:Madame Cheminメール  投稿日:2013年11月22日(金)20時54分24秒
返信・引用
  二学期も後一回でお終い、今学期のテーマ、ピカレスクロマンは、高校時代に読んだ記憶があります。しかし、何処が面白いのかサッパリというのが正直な感想、むしろ、世界史の授業で、高名な作家の作品として、丸暗記しただけの存在でした。
先日、講師の先生が、絶版になった文庫本が、三宮の古書店で見つかるかも知れないと言われたので、早速センター街へ・・誰もいない二階の本棚に、ありました、ありました、懐かしい岩波のピンク!、嬉しくなって数冊を手にして帰りました。
まあ、今読んでみると、面白いこと・・思わずクスリと笑ってしまう大人の笑い、これは高校生
には無理だったかな・・?いやあ、人間、歳を取らないと分からないこともありますね・・
 

軍事体制下の「大政翼賛会」

 投稿者:うさぎ  投稿日:2013年10月26日(土)08時03分14秒
返信・引用
  軍事体制下の「大政翼賛会」

http://music.geocities.jp/jphope21/0203/36/245_1.html

日本の軍部とは、ふざけた組織であった。

( http://music.geocities.jp/jphope21/0103/37/256.html )
 

2学期が始まりました

 投稿者:caf事務局メール  投稿日:2013年 9月10日(火)21時10分55秒
返信・引用
   猛暑、酷暑の夏がやっと終わり、今日から2013年度2学期の講座が始まりました。「あの暑さにも負けず」、どころかますますお元気になられたようなたくさんの会員の皆様方の笑顔が、にぎやかなおしゃべりが教室一杯に広がり、スタッフにとって何よりうれしいことでした。
 2学期のテーマは「ピカレスクなヒーローたち」。第1回目の今日はスペイン文学の野村先生に「ピカレスク文学のルーツ」をお話しいただきました。さてフランスのピカロたちはどんな物語を繰り広げてくれるのでしょうか...
 

一学期のおわりに

 投稿者:ukkarihujinメール  投稿日:2013年 7月25日(木)22時06分34秒
返信・引用
  今学期も、本当に興味深い内容の講義ばかりで、あっと言う間に夏休みとなってしまいました。
C'est dommage ! 毎回、その日に聴いたお話を誰かに教えたくて、携帯を握り締めてしまいます。メールを送った相手からは、すぐに反応があり、「いつも面白い話ばかりでいいな・・・」と羨ましがられています。今回、特に心惹かれたのは「中世寓話の世界」、狼が衣を取り替えることによって、人間と動物の間を行き来するというのは、何とシンボリックな意味が込められている事でしょう・・また、寓話に取り上げられたテーマは、時代を下っても、繰り返し取り上げられ、書き換えによって物語が膨らみながら展開していくというところで、もしかしたら村上春樹の世界も、この展開の線上にあるのかもしれない・・と、久しぶりに脳細胞が活性化したような気がしています。二学期は、どんな刺激と出会えるのか、今から楽しみ、よろしくお願いします。
 

Bonnes Vacances !

 投稿者:CAF事務局  投稿日:2013年 7月25日(木)11時53分31秒
返信・引用
  フランスでは夏のメーン・イヴェントであるシャンゼリゼをわかす革命記念日、ツール・ド・フランスも終わり、今はヴァカンス一色!
私たち日仏文化講座もこの23日で1学期6講座を修了し、夏休みに入りました。最終日、暑さにもかかわらず、60人を超す受講生の熱心さに、私たち事務局も大いに励まされました。2学期には「フランス食文化・チーズ特別講座」を用意していますのでご期待下さい。
連日の暑さ、くれぐれもご健康にご留意下さいますように。9月にはお元気な皆様方とお目にかかれますことを楽しみにしています。
 

2012年度講座が終了しました

 投稿者:CAF事務局メール  投稿日:2013年 3月29日(金)17時44分10秒
返信・引用
  「倒錯の愛」シリーズ最終回「ジャン・コクトーの愛」をもって無事に1年の講座が終わりました。26日の最終回はこれまでとほんの少し趣向を変えて、受講生の皆様との「パネルディスカッション」もどきのスタイルを取り入れてみましたが、予想以上に盛り上がってよい雰囲気になったと思うのは私たちだけでしょうか。
 今年度の皆勤賞は昨年の16名には及びませんでしたが、12名もの方が休まず会場に足を運んでくださいました。スタッフにとって何よりうれしいことです。
 これからCAFは1か月の春休み、もう桜の花は見頃を迎え、それぞれに楽しいプランに心弾ませておられることでしょう。2013年度のCAFカレンダーの色のような美しい新緑のころ、皆様に教室でお会いできるのを楽しみにしています。
 

レンタル掲示板
/5