teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


雑記・・

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2009年 9月16日(水)06時18分51秒
編集済
  ■2010年ウィンブルドン フェデラー敗退・・・

今年のウィンブルドンも既に男子決勝ナダルvsベルディヒを残すのみ
となりましたが、相変わらず元気なナダルに比べて、フェデラーの
元気の無い敗退が少し気になったりします。。

ところで昨年アガシ師匠が「マレーの時代が来る」と発言したそうですが、
その真偽はどうであれ興味深いです。
何故なら知らない人は知らないですが、アガシ師匠はサンプラスが登場した時にも、
フェデラーが登場してまだニューボールプリーズの時代にも「彼らに勝てる選手は
その内いなくなる」と発言しているからです。
(ただ師匠の現在の先見力が現役時代と同じとも思えず、どうなることか・・・)

--------------------------------------------------------------------------
■「OPEN」について・・

2009/11/12に発売されたアガシ師匠の自伝書「OPEN」。

'97、'98年頃の辛い時期の麻薬話、
かつらの話、
発売理由を金銭目当てと言われたり・・
などなどで様々な話題になっている様子。

自分的にはなんとなくアガシ師匠なりの懺悔本
ではないかと思っていますが、公共に出せば
懺悔本も暴露本に早変わり・・・思うところも
ありますが、云々言う前にまず読んでみたいです。

日本語版は発売されるのだろうか・・・。

--------------------------------------------------------------------------
■'09US決勝フェデラーvsデルボトロ

ニューヒーロー誕生!・・・などとは間違っても言いません。。

(何でマスコミは新旧後退劇が好きなんですかね。アガシ師匠の時然り。
 あれでは逆にデルボトロが出汁に使われた気がして可哀相です。。)

ところで個人的な感想ですが、
「デルボトロがランニングフォアを物にしつつあり、
 それによる通常とは異なった試合展開がチェンジオブペースを生んだ。」
・・・これが試合の全てだった様に思いました。

あと気になったのはフェデラーの王者のテニス感か。
なんとなく昔の柳さんのコメント(打ってこいと言わんばかりの王者のテニス)
が思い浮かびました。配球が殆ど中央に寄っていた様な。。

試合はさておき、気になるのはフェデラーが何を思ってテニスをするのか
読めないところです。テニスへのモチベーションはどの辺りにあるのか。
家族の為なのか? それとも自分のテニス道の為なのか?
どちらでも構いませんが、彼の楽しいテニスは今後も見せ続けて欲しいです。

--------------------------------------------------------------------------
■'09USオープン

アガシ師匠の「ハローニューヨーク!」(以下)で開幕した今年のUSオープン。
http://www.youtube.com/watch?v=zoJybx_cr9Q

・・・と思っていたらあまり観る間も無く、デルボトロと復活のクライシュテルス優勝で
閉幕となっていました。(あまり観れていません。。)

男子決勝はビデオを観てから感想を書くとして・・・やはり開幕時のアガシ師匠の
スピーチの内容が気になります。元気そうですし、クールビズ的なスーツ姿が
様になってきているような気もします。・・・只やはり、予想通りと言いますか、
アガシ師匠引退はたった3年前なのに、既に過去の人的な遠い存在・・という扱い
になりつつある気もします。。
 
 

雑記・・

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2009年 6月 2日(火)00時01分38秒
編集済
  ■'09ウィンブルドン決勝   2009/7/6

明らかにいつもとは異なるロディックの強さ。
それに加えて試合途中から入場したサンプラス。
・・・なんとなく以前の全仏クリントン事件を思い出し、
プレッシャーがフェデラーの側に傾いた感じがしました。

ステファンキがロディックに与えたアドバイスは、
こんな感じだったのかもしれません。

「コースさえ突けば、予測できても君のサーブは誰も取れない。
 それに加えてここは芝のコート。君の優位性は揺るがない。
 サーブを楽にキープしてフェデラーに圧力を掛けよう。」

ロディックが新しいプレイスタイルを築きはじめている
感じがしました。

近差の試合をフェデラーが制して優勝し、
GS最多制覇15回、全仏・全英同時優勝となりましたが
予想外はフェデラーが泣き崩れなかったこと・・・でも、
閉幕式後にサンプラス、レーバー、ボルグと気さくに歓談する
フェデラーを見ているとなんとなく納得させられました。


■来るのか・・・ 2009/7/4

フェデラー決勝進出・・・ところでグランドスラム最多記録を控えた
フェデラーの記者会見でサンプラスの名前が上がった様子。

*****************<Tennis365のニュースから抜粋>*****************
(現時点で)グランドスラム最多勝記録を分け合っているP・サンプラスが
観戦に訪れ、フェデラーの新記録達成への挑戦を見て欲しいとも語った。
サンプラスは現在、カリフォルニアで2人の息子の成長を見守っている。

「多分来るだろうし、来ないかもね。それは彼の判断次第さ。
僕としては彼に来て欲しい、だって良い友達だからね。もちろん、
彼とグランドスラム14勝という記録を分け合うことはとても光栄に
思っているよ。」とフェデラーは語った。
******************************************************************

サンプラスの本音はともかく、フェデラーは純粋に来て欲しいと
思っているような気がしています。(サンプラスと握手しながら
大泣きするフェデラーが何となく目に浮かびます)


■マイケル・・・ 2008/6/28

 今年のウィンブルドンも既に後半戦ですが、その前に入ってきたニュースが
 マイケルジャクソン死去・・・驚きました。ところで今見ても彼のダンスは
 他を寄せ付けない程に卓越していたことが良く分かります。

 たかがダンス、されどダンス・・・突き抜けた人の技はジャンルを問わずに
 訴えかけるものがある様な気がします。人はここまでできるのだと。

 アガシ師匠然り、思えばアメリカはこんな突出した人を突然排出するお国柄
 なのかもしれないなどと思っています。
 ご冥福をお祈り致します。

■ついでに・・・ 2009/06/08

 フェデラー全仏優勝・・・但し、フェデラーの目論見は
 未だ続いている様な気がしています。

 ●つまり、次のウィンブルドンを優勝したら、
 ●15回目のGS最多記録、全仏・全英同時優勝
 ●この2つの記録をまたまた達成してしまうからです!
 (しかも今年のウィンブルドンはNEWセンターコート)

 出来過ぎの感がありますが、
 フェデラーは狙っている気がしてなりません。。

 ・・もし実現すればプレゼンターは今回のアガシ師匠に続き、
 サンプラスでしょうね。(出来過ぎです)


■憧憬との出会い・・か 2009/06/02

 '09年全仏は、なんと早々にナダルが敗退したのだとか。。
 これで普通に考えればフェデラー優勝の可能性は80%程度と言ったところでしょうか。

 但し、自分は思います。
 これでフェデラー優勝の可能性はほぼ100%になったのではないかと。

 ●「フェデラーは、全仏で14回目のGS制覇をするのに意味があるから必ず狙ってくる」
 ●何故なら、
 ●サンプラスのGS最多制覇14回、アガシ師匠の生涯グランドスラム、
 ●この2つの伝説に、今回の優勝で同時に手が届くからです!

 憧れの先輩とそのライバルの伝説を同時に手に入れることになる。
 フェデラーが狙わない訳は無く、試合内容は悪くなろうとも
 勝利に拘る様な気がします。

 フェデラーらしくないと言えばそうかもしれませんが、
 仕方が無いか。。
 

Re:お久しぶりです(*^_^*)

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2009年 5月30日(土)18時50分37秒
編集済
  >>ERIさん、お久しぶりです。


>管理人さんお元気ですか??大変ご無沙汰してます。この掲示板によくお邪魔して
>いた頃赤ん坊だった娘が小学校2年生になりました(^_^;)


もうそんなになるのですね。。

過去ログを探してみたらERIさんの初書き込みがありましたが
このHPが未だ掲示板だけの頃(2000年7月頃)から書き込んで
頂いていて、感慨深い&感謝感激です。m(__)m



>本当に久々にお邪魔して久しぶりにアガシの動画見つけました。
>グラフとのセレモニーがあった事さえ知りませんでした。
>何だかとっても嬉しいです。
>http://www.youtube.com/watch?v=K4BRW0ImmhA&NR=1


ウィンブルドンのセレモニーで、しかも師匠が実際にコートに立つ
映像があるとは・・・これも感慨深く嬉しいです。
ありがとうございました。
 

 投稿者:ERI  投稿日:2009年 5月28日(木)23時40分30秒
  名前が間違ってました(^_^;) ERIでした。  

お久しぶりです(*^_^*)

 投稿者:RRI  投稿日:2009年 5月28日(木)23時38分51秒
  管理人さんお元気ですか??大変ご無沙汰してます。この掲示板によくお邪魔して
いた頃赤ん坊だった娘が小学校2年生になりました(^_^;)

 本当に久々にお邪魔して久しぶりにアガシの動画見つけました。グラフとのセレモニーが
あった事さえ知りませんでした。何だかとっても嬉しいです。

  http://www.youtube.com/watch?v=K4BRW0ImmhA&NR=1
 

お久しぶりです

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2009年 4月24日(金)01時07分55秒
  >>donnarinさん

お久しぶりです。
ブログは楽しく読ませていただいています。

サンプラスのGSタイトル数がもし15だったら、
今年の全豪はフェデラー優勝だったかもしれない
とも思っています。

フェデラーのモチベーションを知るファンの意見を
聞きたいところなのですが、適当な人が見付からないのが
悲しいです。。
 

(無題)

 投稿者:donnarin  投稿日:2009年 4月23日(木)23時38分43秒
  ご無沙汰してます
(リンク有難うございます)

>元気のないフェデラー


父マイク、ギル、ボロテリ、ギルバート、ケイヒル、
サンプラス、クーリエ、チャン、
シュティフィー、ジェイデン、ジャズ

この面々を見るだけでも
アガシの21年という長いキャリアは理に適っていた、と言えます

フェデラーは勝ちすぎました、一人で
そこへナダルが現れるも、今やライバルというよりは天敵
更に成長したマレー、ジョコビッチによる包囲網

もう一人ではキツイでしょう

そんな時期に夫となり父となる
いい決断だったと思います

http://blog.livedoor.jp/donnarin/

 

雑記・・

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2009年 2月 1日(日)11時13分32秒
編集済
  ■フェデラーの涙  2009/2/2

ナダル優勝で幕を閉じた2009全豪。

ただナダルの優勝以前に気になるのが、フェデラーの涙の理由です。
勝って泣くフェデラーは今までに何度も見ましたが、負けて泣くのは
初めて見た気がします。

「まず最初に失望して、ショックを受けて、哀しくなるんだ。
 突然それらが一度にやってくる。
 問題はすぐにロッカールームで冷たいシャワーを浴びれなかったことさ。
 あそこ(表彰台)にいなければならなかったし、最悪な気分だったよ。」

・・とのことですが、
彼の涙の訳は「敗退」というより、彼が思い描くテニスの高みには未だ遠い
という「失望感」ではないかという気がしています。
勝敗よりも至高を重んじるフェデラーであって欲しいと願う自分としては、
変な話、少し嬉しかったりもします。


■2009全豪 2009/2/1

「全豪オープンも残すはこの試合だけ」

2009全豪も残りは男子決勝フェデラーvsナダルのみとなりましたが、
いつもこの時になると、WOWOW岩佐アナの'95年アガシ師匠VSサンプラスでの
上記の名文句を思い出します。

ところで何でもESPNでは全豪の解説者がパトリックマッケンローの他に
ケイヒルとギルバートなのだとか。
アガシ師匠のコーチ2人が揃っているというのは何か不思議な気がしてます。
 

雑記・・

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2008年10月23日(木)23時27分28秒
編集済
  ■微妙に復活・・ 2008/12/6

スパムで消滅した掲示板を復活させても結局はまた同じ被害で潰されるだけと思い、
色々試した挙句、ホームページ自動作成プログラムを作ってみました。
(一部復活させた投稿クリッピングや匠達の教えがそのプログラムの実行結果です)

使用したのはExcelのマクロ機能で、ボタン1クリックによって沢山のテキストファイル
からメニューと各項目のページを作り、背景やロゴやメモの止めピンも選択可能に
したので、投稿クリッピングの様な形式のホームページなら何種類でも簡単に作成や
更新が可能になりました。(苦労しました・・・)

追伸、
上記プログラムは誰でも重宝しそうなのに意外に同様のソフトは見付かりませんでした。
なので、後々何処かで公開してみようか・・などと考えています。

------------------------------------------------------------
■愚痴・・ 2008/10/25

リンク集と匠達の教えを新設しようと思ったら、
今度は投稿クリッピングの内容がスパムで消え去りました・・・・(泣)
やはり掲示板は実績のある無料掲示板を使うのが良いという事か。。

------------------------------------------------------------
■ご連絡 2008/10/23

(久々の書込みです・・・)

スパムの被害で潰れてしまった"「匠への道&寄り道」掲示板"は閉鎖し、
新たに"匠達の教え"と"リンク集"を上部メニューに追加しました。

"匠達の教え"は未だ作成中ですが、内容は出来るだけ以前の掲示板
の内容を転記するつもりです。

また、リンク集は独断と偏見で追加していくつもりです。。
 

雑記・・・

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2008年 3月 9日(日)18時52分18秒
編集済
  ■2008/5/28「アンドレ・アガシ物語(DVD)」購入

 お弁当箱の様なパッケージの中に、DVDが3枚。
 中身を観てみると・・

 【DVD1枚目】父マイクが、マイクの生立ちや家族のことについて語る。
 【DVD2枚目】USのスクールの宣伝??
 【DVD3枚目】'92年ウィンブルドン決勝 アガシvsイバニセビッチ(完全版)

 ・・ということで思った以上に今一つの内容でした。。
 イバちゃんとの試合の完全版も画質は荒く、画面全体が暗いので、
 永久保存版・・として購入するとがっかりするかもしれません。


■「アンドレ・アガシ物語(DVD)」遂に発売!

 詳しくは、以下参照です。
 http://www.greatestplay.com/tennis/product-AGASISTORY.htm


 追伸、
 2006年9月3日のアガシ師匠引退が遠い過去のように感じられる最近ですが、
 やはり師匠の引退は重いものだったと感じます。

 少なくとも自分にとっては「彼こそがテニスそのもの」と言っても
 決して過言ではありませんし、多分それは彼の天才を一度でも目指した人なら
 選手やテニス関係者も含めて誰もが思うことだと思います。

 逆に言えば、
 一度でも彼の天才を目指さなかった人には決して理解できないことでもある。

 それが分かっているファン達は、更に彼の存在の大きさと儚さに心を痛めて
 しまうのかもしれません。。

------------------------------------------------------------------
■CMメモ・・・

http://jp.youtube.com/watch?v=eMHH_AGCv-4&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=ONLo7u3LBHo&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=ZAZIOpXXeUQ&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=t3Il8Dmis_U&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=YnodjmNVbw0&NR=1
http://jp.youtube.com/watch?v=uxCU6yxqRuQ&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=AQ3bm8nnfEU&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=uNPDA8KjHP8&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=k-qshUuNJGE&feature=related

------------------------------------------------------------------

■アインシュタインの眼

NHKの情報番組「アインシュタインの眼」

******************************
ミクロ単位の技を持つ職人の世界、秒速の世界でプレーする
スポーツの世界等々、現在までブラックボックス的に扱われてきた
人の眼や耳では通常とらえることができない世界を、5000コマ/1秒
の高速カメラや通常の400倍の高感度カメラ等を駆使して探究する
******************************

・・・という番組ですが、先日はテニスが取り上げられていました。

・体の各部の筋電図による運動連鎖の調査
・風洞実験による回転したボールのマグナス効果の調査
・インパクトでのガットの動作の調査

・・・等々、単なる説明ではなくビジュアルで示されている分、
非常に分かりやすく興味深い内容でしたが、中でも興味深かったのが
「マグナス効果の調査」と「運動連鎖の調査」。
概要を以下にメモしておきます。

 ●マグナス効果の調査結果

  (斜め上側に風を送り出していた)
   \
    \→
    ↑○↓⇒⇒(ボールの飛ぶ方向)⇒⇒
     ←
    (ボールはトップスピン回転)

  説明)トップスピン回転するボールが飛ぶ時、
     上図の通り、ボールは後ろ斜め上方向に
     風を送り出しており、その分下側に力が
     加わってボールが落ちるのが分かりました。
     (但し、ボール表面がツルツルだと)
     (逆の現象が起きる様子でした。 )

 ●運動連鎖の調査結果

  筋肉の近くにセンサーを取り付けて筋電図をとると、
  筋肉に力を入れたとき(筋肉に電気が流れたとき)
  波形が振れますが、足~腕の各部にセンサーを付け、
  サーブを打って筋電図をとると、足→体→腕の順番に
  筋肉に力を入れる様子が分かり、運動連鎖の観察が
  できる様子。

  ここで、プロ(鈴木貴男選手)とアマとの差は、
  ずばり筋肉に力を入れている時間の差。
  プロの筋肉使用時間は極端に短くミリ秒オーダーでした。

  このプロの筋肉使用時間の極端な短さは、効率云々の前に、
  筋肉を動かすことに意識を向けていたのでは実現不可能
  であるということを表しているのかもしれません。

------------------------------------------------------------------
■「匠への道&寄り道」掲示板・・・

 スパムによる被害によって投稿内容が全て消えました・・・。(怒!&涙)
 バックアップを取っていない書き込みが多く、復旧は難しいですが、
 それ以前になんでそんなことをするのやら。

 楽しいんですかね・・アホかと言いたくなります。
------------------------------------------------------------------
 

雑記・・

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2007年11月 6日(火)07時27分28秒
編集済
  ■ルイ・ヴィトン・・・

 アガシ師匠とシュテフィ夫人を久々に見た感がありますが、
 格好良すぎです。。ヴィトンの公式ホームページ自体格好良いです。。

 http://www.louisvuitton.com/
---------------------------------------------------------------------------
■有限要素法・・・

 物が伸縮したり歪んだりするのをコンピュータで解析する方法に
 有限要素法などというのがあります。

 物を細かな要素の集合体と考えて各要素間の関係式を設定すれば、
 物全体の動きがビジュアル的に分かるので、テニスのラケット・ボールの
 インパクトでの動きの解析にも利用されてますが・・・・、

 なんと本屋でExcellで有限要素法を使用できるようにするマクロを
 売っているのを発見!

 パソコンを購入したら普通に付属してくるExcellで有限要素法が使用
 できる様になるとは・・・凄い時代ですね。。

---------------------------------------------------------------------------
■テニス・セラピー

 こんな言葉を偶然聞きました。
 皆でテニスをする時は、自分も大概のアホ・バカ振りを発揮しているつもりですが、
 このアホ・バカを見て笑ってくれる人がいたら、自分も相手も両方癒される
 ・・・というところか。

 ところで近年、全国中学生テニストーナメントに始まり世界に広まった
 対戦相手に窒息死と悶絶死の二択を迫る恐怖の「お笑いテニス」というものが
 あるとのことですが、これはホントのことなのか。。
 なんでも「既成の枠に捉われない柔軟性・対応性こそが「お笑いテニス」の強み」
 ・・・だそうです。

---------------------------------------------------------------------------
■オートジャイロ

全くテニスとは無関係な話ですが・・・
オートジャイロに付いているヘリコプターの様なローターは、
実は駆動していない・・と言う事を聞かされて今更ながらに驚いてます。
(空回りしているんですね。)

別に付いているプロペラで前方に進む時に発生する気流がローターの
羽に当り、ローターの羽が回転して、浮力を発生させているらしいですが
不思議な乗り物であると共に、
よくこんなものを造って乗る気になったな・・・と。
 

雑記・・・

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2007年10月14日(日)00時51分8秒
編集済
  ■懐かしのナイキコマーシャル・・・

アガシ師匠のナイキコマーシャルと言えば感慨深いものが多いですが、
現在のYouTubeの充実で、懐かしい過去のコマーシャルがかなり観れる
ようになって少し嬉しい気がしてます。

'89年
http://jp.youtube.com/watch?v=XpumSbFYHXk

'91年("Air By Andre Agassi","Rock 'N Roll Tennis")
http://jp.youtube.com/watch?v=acQYgGn7akY
http://jp.youtube.com/watch?v=Z726znyzHKI
http://jp.youtube.com/watch?v=7W5_kk7PV-Q&feature=related

'92年
http://jp.youtube.com/watch?v=RZlfMfmHL94&NR=1

'93年(Golf,"Las Vegas")
http://jp.youtube.com/watch?v=AK9TJN70qc4
http://jp.youtube.com/watch?v=XnAPjbju3QQ

'94年
http://jp.youtube.com/watch?v=HSqMX0lw_j0

'95年("Guerilla Tennis")
http://jp.youtube.com/watch?v=KniY8jx-LI8

'96年("Never ending Tennis")
http://jp.youtube.com/watch?v=9wU5J161uz4

'97年("Virtual Andre")
http://jp.youtube.com/watch?v=sRXAiQelCpg

'00年("Andre Agassi & Pete Sampras")
http://jp.youtube.com/watch?v=lRglUBRCxWE


懐かしいのが'94年の本屋編。
最後にサンプラスが現れるのは、ウェアメーカをタッキーニから
ナイキに鞍替えしたサンプラスが初めてコマーシャルに登場した瞬間でした。

因みに'96年 Never ending Tennis は、知っていないと分からないのですが
有名なアガシ師匠とサンプラスの'95年US決勝第1セットポイントの白熱した
ラリーが題材になっています。

---------------------------------------------------------------------------
■ダイビングin白浜

怪我で結局一度も潜れなかった昨年・・・。
だからという訳でもないですが、今年の白浜ダイブは
思い切り満喫できました。(行って良かった。。)

やけに魚影が濃い・・・と思っていたらどうも今は繁殖期らしく、
白良浜から2km程度沖にあるダイビングスポット
「えぞせ」「ちんせん」の岩のアーチ下には必ず魚が
群体を作っていて、正に別世界・・・。

「別世界の景色を見る為」「浮遊感覚を味わう為」等々・・
ダイビングの目的は色々あれど、「魚達と出会う為」
という目的には適わないかもしれない・・と改めて感じました。

(ダイビング仲間が奥様を連れて潜っていましたが、
奥様曰く「魚達に囲まれて幸せで~す!」だそうです。)

---
ところで、白浜のもう一つの大きな楽しみは、ずばり「食事」。
今年も大きな収穫がありました。

その名も「マツブ貝」

見た目にサザエっぽいところがありますが、
一口食べたときのクリーミーな味わいは絶品でした・・・。
ダイビングショップのTさん、
毎年本当にありがとうございます。m(__)m

---------------------------------------------------------
■USオープン決勝

アガシ師匠引退から丸一年後のUSオープンも遂に決勝
フェデラーvsジョコビッチ。若手でパワフルさの目立つ
ジョコビッチ・・・といっても第3シードとは驚きました。

試合は結局3セットでフェデラーのストレート勝ち優勝
となりましたが、中々の好試合と見ました。

気になったのが、ジョコビッチのショット。
特にサーブは5割の力で軽々と200kmオーバーのスピードを
出せる様子ですが、5割力を残せる余裕感、それとは裏腹な
打球のスピード・・・というギャップが、十分にフェデラーを
苦しめていた気がします。

現在、世界のテニス界の最大目標は、たった一人の選手である
フェデラー攻略にある・・・といっても過言ではありませんが、
今後のフェデラー攻略には十分参考になる試合だったのかも
・・・なんて思います。

---
ところでこの全米決勝の客席には、
ロバート・デニーロ
ロビン・ウィリアムス
ダスティン・ホフマン
という超豪華名優達が・・・

ちょっと凄過ぎる顔ぶれですし、
USの観客としては今迄見たこと無かったし、純粋に驚きました。
テニス映画でも作ってくれると嬉しいのですが・・。

---------------------------------------------------------
■先駆者 ヒシャム・アラジ(モロッコ)?・・・

ナダルの代名詞とも言えるリバースフォア(ラケットを頭の上に
振り上げる(首に巻かない)フォアハンド)という打ち方が
ありますが、先日、アガシ師匠vsアラジ の試合を見たら、
アラジもリバースフォアを普通に使っていたことに気付きました。

最近忘れられがちなアラジですが、アラジといえばリバースフォア
だけでなく、「変幻自在」などとテニスの解説者から言われていた選手。
色々なことをテニスに取り入れていた選手だった気がします。

中でも目立っていたのは「ラケット・ジャグリング」。
ラケットをバトンの様にくるくる回すパフォーマンスは、
試合自体には全く不要ではありますが、今でも鮮明に
覚えているファンは多いのではないでしょうか。

そういえば、あるテニスのフォーラムに参加した時、
「対応力に目を向ける」
・・という意味で、ラケットとボールで色々な打ち方をする
練習方法の実演を見たことがあります。
なんでも日本では海外のようにテニスで様々に遊んでない分、
ラケットやボールの扱いに差が出てしまうとのこと。
そんな意味では、一見意味の無いラケット・ジャグリングも
悪くは無いということか。

-------------------------------------
■遠心力・・

野球でバットを振ったり、ゴルフでクラブを振ったり、
ハンマー投げでハンマーを回転させたり、
テニスでラケットを振ったり・・・・etc。

こんな時に遠心力の話を良く聞きますが、
最近面白いと思ったのが、

#ヒモの先に重りを付けてビュンビュン振り回す時、
#「重りの速度を加速しようとすると、回転の中心からでは力が掛けられない」

ということです。

実際やってみると至極当たり前のことですが、
「軸」の意識をよく言われるスポーツの世界では
案外重要なことなのではないかな・・と。
 

Re:問題は

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2007年 7月11日(水)01時06分28秒
編集済
  >>ドナリンさん

ナダル惜しかったですね。

なんとなく・・・ですが、勝つチャンスはナダル的に、また状況的に
十分あったような気がしています。

>何度もラリーを繰り返し、やっとの思いでポイントを取るナダル(アガシ)に対し、
>サーブであっさりポイントを連取するフェデラー(サンプラス)。
>最終的なエースの数、フェデラー24に対し、ナダルはわずかに1でした。
>そんなナダルが、ミスなく打ち返さなければならない重圧に耐える・・。
>思わず「偉い!」と褒めてやりたい気持ちで一杯になりました(改めてアガシにも)。


ナダルは危ないポイントでも強打していましたよね。
確かにナダルの側からすれば重圧に耐えながらの強打の様にも思えますが、
フェデラーの側から考えると、あのナダルの強打は気持ちのいいものでは
無かった様な気もします。

「何故あんなに強打できるのか?」
「自分のショットが悪いのか?」
「何か思惑があるのか?」
「それほどナダルがパワフルだと言う事か?」
・・等々、フェデラーの困惑を感じました。

加えて、
大会5連覇の重圧や、
第3セットで先にブレイクされたり、
ナダルのサービスゲームがロングゲームになるのは
全仏でも同じだったのに負けているし、
・・・等々

やはり今回はナダル勝てたのではないか・・と少し残念です。
(ただ今回ナダルが勝っていたら、来年の全仏はフェデラーが
獲ることになる状況が出来そうですが。)


-------
追伸、

勝利の後のインタビューで、フェデラーが
サンプラスの偉大さを語っていた様ですが、
何か久々にサンプラスファンのフェデラーを
垣間見た気がします。
(サンプラスファンとしては、テニス面で
アガシ師匠を称える言葉は今後も無いだろうな・・・と。)
 

問題は

 投稿者:ドナリン  投稿日:2007年 7月 9日(月)17時41分24秒
  >相手がビッグサーブでコースを突けるサンプラス的な選手の時、
>ボールに触らせてもらえなくなる可能性があること

>ロングマッチを覚悟で自分のサービスゲームをしっかりキープ出来れば、
>1セット中の少ないチャンスをものにすることもできる

正にその通りとなったウインブルドン決勝でした。
ナダルが昨年よりも進化したことで、純粋に"技と技"を堪能できましたが、
何度もラリーを繰り返し、やっとの思いでポイントを取るナダル(アガシ)に対し、
サーブであっさりポイントを連取するフェデラー(サンプラス)。
最終的なエースの数、フェデラー24に対し、ナダルはわずかに1でした。

そんなナダルが、ミスなく打ち返さなければならない重圧に耐える・・。
思わず「偉い!」と褒めてやりたい気持ちで一杯になりました(改めてアガシにも)。
(ナダル、エース1でウィナー50、エラー5セットで24って・・Greatだな)

ナダルはまだ"思ったような"成績を上げていないでしょう。
フェデラー(最強)を引きずり落とす存在であると同時に、
ナダルにしかできないものを築きあげて欲しいかな。
アガシがそうであったようにね。。

アガシ不在で熱は冷めてましたけど、やっぱテニスは面白いですね。
 

Re

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2007年 7月 8日(日)20時26分50秒
  >>ドナリンさん

決勝は、まさかの2年連続フェデラーvsナダルですか。
(それを言うなら2年連続で全仏、全英が同じ対戦カードになったと言うべきか。)

>そう考えるとナダルの芝での対応力って・・。
>リターンの勝利であったアガシも異色でしたが、
>防御主体が芝を制したら・・これまた凄いことですよね。

もしそうなったら面白いですね。

問題は、相手がビッグサーブでコースを突けるサンプラス的な選手の時、
ボールに触らせてもらえなくなる可能性があることですが、ロングマッチを
覚悟で自分のサービスゲームをしっかりキープ出来れば、1セット中の
少ないチャンスをものにすることもできるでしょうし、満更ありえないことも
ないかもしれませんね。
 

RE:

 投稿者:ドナリン  投稿日:2007年 7月 7日(土)16時54分34秒
  >防御主体で暑苦しいプレイスタイルが
>何故か様になってしまう

Nise流ですね。
妙に納得です。。

そう考えるとナダルの芝での対応力って・・。
リターンの勝利であったアガシも異色でしたが、
防御主体が芝を制したら・・これまた凄いことですよね。

確かに、5年後、体力が低下してきた時のナダル・・

これは大きな疑問ですが、どう進化していくのでしょうかね。
アガシも最初は全仏だろうと言われましたが、芝を制しましたし。
サーバーが、プレッシャーから1stが入らない様って痛快だし、
ナダルのミスの少ないテニスも極めて欲しい。
そしてどのサーフェスでも更にフィットして、ツアーを面白くして欲しいです。


さて、ウインブルドンベスト4。
フェデラー、ガスケ、ジョコビッチ、ナダル

フェデラー優位でしょうが、負けたら言われそうだね。
世代交代の波が・・って。
 

書き込みありがとうございます。

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2007年 7月 3日(火)21時59分22秒
  >>ドナリンさん

>面白いもので、ナダルの登場が一年遅かったら?
>2年連続年間グランドスラム!?・・十分あり得ましたね(笑)。
>でもそうはならないし、ならなかった。

なんとなく気になるのは、
フェデラーの戦い方がサーブ力に裏打ちされた戦法
(いざという時にサーブでポイントを稼げるからこそ
ストロークで強打できたり、ドロップショット等
好き放題のテニスが出来たり)から微妙に変化して
きている気がすることです。

それが良い/悪いは今のところ分かりませんが、
今の戦法で今後も押し通すのか?・・少し気になっています。

---

>そこでNiseさん、ナダルをどうお考えですか?
>ナダルはアガシの後継者?または進化型?はたまた、まるで別の物?
>なんでもウインブルドンは、年々弾むようになってきているそうで、
>ナダルが芝を制することが出来るか楽しみなんですよ。
>02年のヒューイットがあるからややこしいんだけど、
>ナダルが勝つとアガシ以来です。
>"リターンが勝る"、という点で。


ナダルの事を書きますと・・・

****************************
「ベースラインのかなり後方に位置取りつつ、
 ボールを駆けずり回って拾いまくり、
 カウンターのパッシングが決まればガッツポーズ」

 ・・・というプレイスタイルを好む部分は、
 純粋なスペインテニスプレイヤーであり、
 所謂クレーコートスペシャリストの戦法であって、
 攻撃主体のアメリカンテニスプレイヤーから見ると
 何とも理解し難い部分のような気がします。

 但し、ナダルが他のクレーコーターと圧倒的に異なるのは、
 ナダルの場合、その防御主体で暑苦しいプレイスタイルが
 何故か様になってしまうところなのかもしれません。
 (辛い筈のプレイスタイルを、圧倒的な体力と気力で
 完璧に補っている・・と言いますか。)

 防御主体が様になる・・・こんな選手は見たことがありません。

 今後もナダル独自のテニスでがんばって欲しいです。
****************************

・・なんてところでしょうか。
ナダルの魅力はそんな処にある様な気がしてなりません。

---
アガシ師匠とナダルのテニスは全くの別物だと思ってます。
リターン1つを比較しても、
ビッグサーブに対して、フォア・バック共に強打の技で立ち向かうアガシ師匠と
ビッグサーブはスライスでかわし、その後のショットで勝負するナダルは
全く異なっていると言い切っても間違いではない気がしてます。
 

RE:

 投稿者:ドナリン  投稿日:2007年 7月 2日(月)20時05分44秒
  >先日の全仏は正直フェデラーが取るな・・と思ったのですが、
>分からないものですね。

確かに、全仏は意外な結末でしたね。
100%フェデラー、だと思ってましたから。

私はフェデラーが獲ることに異論はないです。
でもこうなってくると、今後目に見えない力(運命とか巡り合わせ)が働き、
フェデラーにとっては更にプレッシャーになるでしょうね。

面白いもので、ナダルの登場が一年遅かったら?
2年連続年間グランドスラム!?・・十分あり得ましたね(笑)。

でもそうはならないし、ならなかった。

だから、余計に思う。
生涯グランドスラムという偉業の大きさ、そして有難さをね。


フェデラーには、またチャンスがある気がします。
課題はウインブルドンの結果でしょうか。
5連覇するようであれば、ファンは来年の全仏も期待していいのでは。

ただし。
彼には、アガシのような"8年後の奇跡"はないと思う。
状況がそうはならないだろうし、期待させない中でやり遂げるような事はないと思うから。
3度目の正直となるか、2度あることは3度ある、ということになるか。
来年または、再来年が正念場でしょうかね。

まあ、あれだけの"ファンタジスタ"です。
さらっと(本人は違うけど)成し遂げてしまうでしょう。

------------------------------------------------------------------------

さて、ウインブルドンも2週目ですね。

すでに、フェデラー5連覇が見えているよですが。

そこでNiseさん、ナダルをどうお考えですか?
ナダルはアガシの後継者?または進化型?はたまた、まるで別の物?

なんでもウインブルドンは、年々弾むようになってきているそうで、
ナダルが芝を制することが出来るか楽しみなんですよ。

02年のヒューイットがあるからややこしいんだけど、
ナダルが勝つとアガシ以来です。
"リターンが勝る"、という点で。

長々スミマセン。
では。。。。
 

Re:お久しぶりです。

 投稿者:NISE AA@管理人  投稿日:2007年 6月19日(火)01時43分51秒
編集済
  >>ドナリンさん、お久しぶりです。

ブログは楽しく読ませて頂いてます。
(このHPの宣伝までして頂き、ありがとうございます。)

 >アガシのDVDが発売されるようです。
 >8月かな?三枚組みたいです。
 >アマゾンに出てました。
 >詳細は不明ですが、
 >タイトルが"The Story~"
 >父マイクさんが書いた本を映像化するのかな?
 >日本で発売されるといいんだけど。

貴重な情報、有難うございました。
早速光洋交易にでも連絡を取ってみようかな。


 >Niseさん、アガシは間違いなく"英雄"ですよ(笑)

先日の全仏は正直フェデラーが取るな・・と思ったのですが、
分からないものですね。
フェデラーの口から「完敗」とか「全仏が絶対に取りたいタイトル」
等の言葉を聞くのも久し振りのような気がしてます。

ただやはり、
例えフェデラーが全仏優勝でグランドスラマーになっていたとしても、
現在でもアガシ師匠という匠の存在は宝であると確信しています。
yahooの掲示板でも2言目にはフェデラーですが
「いやいやそんなことは無いですよ。匠達の悲しみって考えた事ありますか?」
・・などと言いたくなるのを堪えています。
 

お久しぶりです。

 投稿者:ドナリン  投稿日:2007年 6月18日(月)20時03分55秒
  アガシのDVDが発売されるようです。

8月かな?三枚組みたいです。
アマゾンに出てました。
詳細は不明ですが、
タイトルが"The Story~"

父マイクさんが書いた本を映像化するのかな?

日本で発売されるといいんだけど。

追伸:
Niseさん、アガシは間違いなく"英雄"ですよ(笑)
では。。
 

レンタル掲示板
/5