teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 広島藩の慰霊碑について

 投稿者:幕末芸州広島藩研究会  投稿日:2018年 4月24日(火)13時25分2秒
返信・引用
  竹 様

引用のご快諾ありがとうございます。
データを整理してウィキペディアへ投稿する際、
此方のHPのトップページリンクを紹介させて頂きたく存じます。
その時にはまた改めてご挨拶させて頂きます。


幕末芸州広島藩研究会


> 幕末芸州広島藩研究会さん
>
> 初めまして。
> ご訪問ありがとうございます
> 管理人の竹と申します。
> 拙サイトを引用いただきありがとうございます
> 今後とも何かありましたら、喜んで情報提供させていただきます
> 広島もいつか掃苔に訪れたいと思っております
>
> > 管理人様
> > 初めまして
> > 当方は幕末芸州広島藩研究会と申します
> > 主に芸州広島藩の神機隊を中心に研究をいたしております
> >
> > こちらの慰霊碑リストの内容の充実さに驚きました
> > 事後報告で申し訳ございません
> > リンク経由で此方のトップページの早産に気付かないまま
> > ウィキペディア投稿の参考資料に利用させて頂きました
> >
> > お許し頂けますでしょうか?
> >
 
 

Re: 広島藩の慰霊碑について

 投稿者:  投稿日:2018年 4月23日(月)19時44分39秒
返信・引用
  幕末芸州広島藩研究会さん

初めまして。
ご訪問ありがとうございます
管理人の竹と申します。
拙サイトを引用いただきありがとうございます
今後とも何かありましたら、喜んで情報提供させていただきます
広島もいつか掃苔に訪れたいと思っております

> 管理人様
> 初めまして
> 当方は幕末芸州広島藩研究会と申します
> 主に芸州広島藩の神機隊を中心に研究をいたしております
>
> こちらの慰霊碑リストの内容の充実さに驚きました
> 事後報告で申し訳ございません
> リンク経由で此方のトップページの早産に気付かないまま
> ウィキペディア投稿の参考資料に利用させて頂きました
>
> お許し頂けますでしょうか?
>
 

Re: 広島藩の慰霊碑について

 投稿者:幕末芸州広島藩研究会  投稿日:2018年 4月23日(月)00時47分54秒
返信・引用
  > No.217[元記事へ]

×早産
○存在

大変申し訳ございません

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%A9%9F%E9%9A%8A

 

広島藩の慰霊碑について

 投稿者:幕末芸州広島藩研究会  投稿日:2018年 4月23日(月)00時46分22秒
返信・引用
  管理人様
初めまして
当方は幕末芸州広島藩研究会と申します
主に芸州広島藩の神機隊を中心に研究をいたしております

こちらの慰霊碑リストの内容の充実さに驚きました
事後報告で申し訳ございません
リンク経由で此方のトップページの早産に気付かないまま
ウィキペディア投稿の参考資料に利用させて頂きました

お許し頂けますでしょうか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%A9%9F%E9%9A%8A

 

Re: 武田安之助

 投稿者:  投稿日:2017年 8月 1日(火)00時05分37秒
返信・引用
  > No.214[元記事へ]

花さま


> 高祖父・武田安之助のお墓参りをして頂き心より御礼申し上げます。
> 1月の寒い中、墓所までの坂道がさぞ大変だった事でしょう。
> でも150年経っても思いを馳せて下さる方がいらして、高祖父の苦難も報われる想いが致します。


おお、なんと!ご子孫の方から書き込みいただけるとはありがとうございます。
当日は1月にしては暖かく雪もまったく積もっていなくて気持ちよく登れました。
旧領を見守るように墓地の頂上にあってご先祖様も嬉しいことでしょう


> 墓所ではいつも高祖父に話しかけております。
> きっとどのご遺族も同じ気持ち、それぞれの悲しい物語が沢山あるはずです。
> これからもお墓を大切に思い、先祖に寄り添って行こうと思っております。
>
> お参りして頂き本当に有難うございました。

私の先祖もおそらく下級藩士で、出陣したかどうかは不明ですが、武田様の場合は領主みずから戦死されていますし家臣の家族も領民も不安な毎日だったことでしょう。
6月には首都圏の掃苔仲間をご先祖様のお墓に案内さえていただきました。
旧河南町方面にお邪魔するときはお参りさせていただきます。
ありがとうございました。
 

Re: 武田安之助

 投稿者:  投稿日:2017年 7月30日(日)01時17分23秒
返信・引用
  竹様

高祖父・武田安之助のお墓参りをして頂き心より御礼申し上げます。
1月の寒い中、墓所までの坂道がさぞ大変だった事でしょう。
でも150年経っても思いを馳せて下さる方がいらして、高祖父の苦難も報われる想いが致します。

7月28日は命日に当たりますが、同時に戦死日にもなります。
夏の暑い中での転戦はさぞ苦労したのではないかと・・お水は飲めたのか、食べ物は足りたのか。
遺族は戦いの行方よりも、ただただ本人の事だけを心配してしまいます。
幼い娘達が待つ仙台藩領にきっと帰って来たかったはずですのに、どれだけ無念だったかと。

墓所ではいつも高祖父に話しかけております。
きっとどのご遺族も同じ気持ち、それぞれの悲しい物語が沢山あるはずです。
これからもお墓を大切に思い、先祖に寄り添って行こうと思っております。

お参りして頂き本当に有難うございました。
 

武田安之助

 投稿者:  投稿日:2017年 1月 6日(金)20時04分19秒
返信・引用 編集済
  今日は仕事で石巻から涌谷経由で古川方面をまわってきました
途中、石巻の内陸部にある耕徳院で武田安之助の墓を掃苔しました。
武田家は信州武田氏の末裔。和淵の邑主で、安之助は磐城の戦いで戦死しています。
実は3年ほど前に一度訪れましたが、当時は東日本大震災の影響か武田氏墓地の大半が倒壊状態で断念した経緯があり、今回はせっかく近くを通るので訪れてみたところ修復されており念願の掃苔がかないました。
関係者の皆様のご尽力に感謝します。
 

会津

 投稿者:  投稿日:2016年10月 4日(火)19時36分34秒
返信・引用
  この土日は中通りから会津を案内役として廻りました
久々に会津の泰雲寺を訪問したところ、梶原平馬と大竹主計、原早太の供養塔ができていました
梶原平馬の木柱は無くなっていましたが、サイトにはそのまま残しておきます
 

会津

 投稿者:  投稿日:2016年 5月23日(月)22時57分33秒
返信・引用
  この土日は今年初の会津へ行ってきました!
久々に湖南から会津入りです。
福良本陣初めて訪問できました。

会津では日付的にそれらしきものは沢山発見しましたが、どれもこれも名鑑に載っていないものばかり。。。
うーむ。。。
 

Re: お願いとご連絡でございます

 投稿者:HTD40?  投稿日:2016年 5月12日(木)23時33分25秒
返信・引用
  > No.208[元記事へ]

竹さんへのお返事です。

いつもありがとうございます
更新も楽しみにしております!

> HTD40?さん
>
> どうぞどうぞ、私の写真でよければ使ってやってくださいませ^^
>
> 更新確認させていただきました。
> やはり水戸はザクザク出てきますね(^^)
> こちらもGWの分を更新していきます♪
 

レンタル掲示板
/22