teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:  投稿日:2012年 6月16日(土)09時31分19秒
返信・引用
  画餅様

水戸の現状、ありがとうございます。
私も去年、北茨城の平潟で西軍戦死者のお墓を訪問しましたが、官修墓地の囲いが全て倒れていて、墓石も少し欠けていました。
同じ茨城でも水戸より更に南、千葉県境に近い牛久に我が家のご先祖さんのお墓があり、毎年お盆にお墓参りに行っていますが、そこの霊園はまったく地震の痕跡が感じられないようでした(修復したのかもしれませんが)
東北ばかりが大きく報道されていますが、茨城、千葉も大きな被害をこうむったんですよね。

画餅さんも、これからの季節は史跡巡り本番ですね。
サイトの更新楽しみにしております^^
 
 

震災の凄さ。

 投稿者:画餅  投稿日:2012年 6月15日(金)23時25分29秒
返信・引用
   5月20日、水戸の志士をお祭りしておられる回転神社で「春季例祭」行われましたのでお参りしてきました。
 此処には、管理人様も既にお参りされています「常盤共同墓地」も並んで所在していまが、同墓の沢山の墓石に震災の名残がありました。

 また、同墓地と並所しています天狗党関係者の「水戸殉難志士の墓371基」も同震災を受け、総て倒壊し、内10基は「修復困難となっていました」とのことでした。
 しかし、これらの被害も、今期例祭に合わせ、補修出来るものは補修、回復不能のものは新調して原状復帰されたとの事でした。

 関西人の私はテレビのニュースで震災の凄さを知っているつもりでありましたが、現地で現状を見て、改めてその凄さを実感し、又仰天致しました。
 この分だと「酒門共有墓地」の方も同じ状況であろうと察しますが、墓地に眠られる皆様方の英霊に合掌致しまして一日も早く復興出来ますようお祈り申し上げます。

 管理人様も再度お参りされるやも分かりませんので、最近知りました分の墓地の状況をお知らせ致します。 
 

秋田市内

 投稿者:  投稿日:2012年 6月 6日(水)23時15分32秒
返信・引用
  秋田市内のお寺はまだほとんど周っていませんが、恐らく沢山眠っているかと思われます。
というのも、正洞院跡(平田篤胤墓地があるところ)を探索し終えて歩いている時に何気に立ち寄った白馬寺というお寺で3基の秋田藩兵墓を発見。
日没サスペンデッドのため途中で切り上げましたが、まだまだありそうな雰囲気でした。
次回秋田に行くときは秋田市内を重点的に周ってみようかなって思いました
 

秋田

 投稿者:  投稿日:2012年 6月 3日(日)21時57分38秒
返信・引用
  土日は秋田方面の今まで取りこぼしたところや、新たに判明したところを周ってきました。
今回は信じられないぐらい順調でしたが、ゴルフコース内にある秋田市の椿台古戦場と、森の中にあり探索が困難な秋田市の下浜古戦場と、近辺を通行止めにして町内の防災訓練をしていたため由利本荘市の寿慶寺は泣く泣くパスしました。
それから、酒田市旧松山町の心光寺に松山藩の毛呂太郎太夫のお墓を探索に行って実際に発見したものの諱が違ってて、しかも歿年月日も書いてないときたもので継続調査が必要な感じです。

 

久々の会津掃苔

 投稿者:  投稿日:2012年 5月28日(月)12時24分55秒
返信・引用
  土日は会津へ行ってました。
当初の予定では秋田方面でしたが、どうも秋田方面は天気がすぐれないようだったので、当日朝に急遽予定変更
かと言って他地域はろくに下調べもしていない状態なので勝手知ったる会津へと切り替えました。
いままで何度も行った大塚山霊園や建福寺にわりと長い時間を費やしましたが、発見ってあるものですねー。
建福寺には以前は無かった神保井上両家の供養塔ができていました。
数量は少ないのでわりと早めにアップできそうです。    
 

 投稿者:  投稿日:2012年 4月28日(土)14時16分24秒
返信・引用
  すみません、アドレス間違いです…

http://boshinsoutairoku.bufsiz.jp/

こちらでした(汗)
 

Re: 情けない、わが県

 投稿者:  投稿日:2012年 4月28日(土)14時14分33秒
返信・引用
  > No.153[元記事へ]

鳴門舟さん

お久しぶりです
瓦礫の処理…困った問題ですよね。
我が家は海からはだいぶ離れていますが、車で10分も走れば瓦礫の仮置き場があります。
一時期より量はだいぶ減りましたが、いまだにうず高く積まれています。

瓦礫の処理に関して各地の住民の反対運動のニュースを目にしました。
最初は『絆』なんて言葉は結局嘘っぱちだったのかと思うぐらいに萎えましたが、逆の立場で考えてみたら、四国や九州で発生した放射能汚染された可能性のある瓦礫を受け入れられるか?となると東北の人間も二の足を踏むと思います。
徳島県の方々にも震災直後には色々とご支援いただきましたし、ヴォルティスには元仙台の選手も在籍しているので良い印象があります。
長いスパンで考えていくしかないんですよね。

ちなみに、ログを見ると鳴門舟さんは旧サイトからご入場されているようですが、現行サイトhttp://boshinsoutairoku.jpのブックマークをお願いいたしますm(__)m
本来ならば、旧サイトを削除するなり、トップページから誘導すべきですが、パスワードが違うようで弾かれてしまいまして、放置状態になってしまっております・・・

家庭菜園いいですね^^
我が家はリアル農家なので家庭菜園はやってませんが、緑に囲まれた生活はすがすがしいです
 

情けない、わが県

 投稿者:鳴門舟  投稿日:2012年 4月28日(土)11時18分41秒
返信・引用
   お久しぶりです。

 東北大震災の「がれき処理」問題、わが県は、全国で最低の対応をしており、県民として
まことに恥ずかしく、情けない思いをしています。
 県が設けた投稿サイトにも、反対意見が多数を占めます。

 「おたがいさま」という、日本にはいい言葉があります。困った時は、お互いに助け合う、という事です。
 「放射能が心配」。それじゃあ、自分さえ安全なところにいて、自分さえ良ければいいのか、という事になります。
 他人の困難を自分のこととして捕らえられない、こんな県民性だったのか、と恥ずかしく思います。
 普通に生活していても、多少の放射能は身の回りに存在しているようです。

 この復興に関することは、歴史的事実として、永遠に記録に残ります。
その復興に協力した県から、わが県は除外されているでしょう。

 写真は、春めいてきた、わが家の家庭菜園の様子です。
じゃがいも、ねぎ、たまねぎ、にんにく、ピ-マンなどが植わっています。


 
 

2012初掃苔

 投稿者:  投稿日:2012年 4月 8日(日)18時37分56秒
返信・引用
  今年はいまのところ土日に天気が崩れるというスパイラルでしたが、今日は久々の快晴
母親がどうしても南三陸の惨状を目に焼き付けておきたいというので、被災地巡りに便乗して宮城県北部の掃苔をしてきました。
南三陸町は今年の年始の挨拶で行って以来でしたが、あの時とまったく変わっていませんでした。
町民に避難を呼びかけながら自らは亡くなった職員の方で有名になった旧防災庁舎跡地には各地のナンバーの車がたくさん来て手を合わせていました。

今日の成果はおいおいアップしていきます。
 

Re: (無題)

 投稿者:  投稿日:2012年 1月 8日(日)21時44分57秒
返信・引用
  > No.150[元記事へ]

ご先祖様探し中さん

こちらも、何かわかりましたら、いろいろ提供させていただきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m
 

レンタル掲示板
/22